-

車を持っている人でしたら分かっていると思いますが、自動車税という税金の納税義務があります。

そして自動車税は、車買取時に当たり前に還ってくる税金なのです。

こういったことはやってみるとすぐ分かりますがそれでは頭から順を追って簡単に紹介していきます。

ちなみに記載しておけば国内で生産されている車に限らず外国の車等も税が還付されることになっています。

もちろん自動車についてもそうです。

自動車税はクルマのオーナーが支払い義務を負うお金なのですがこれは車の排気量の大きさ毎に定められています。

1リッターより低いなら29500円、1リッターより上で1.5リッター以下までが34500円。

これ以降は500cc毎に5000円増えていきます。

そしてこの税金は4月1日現在ののオーナーが、以後一年分の税金を支払う義務となっています。

要は事前納付になるので、もちろん自動車を引き取ってもらって、所有権を手放した際はその分の自動車税は還付されるんですね。

税の場合は前払いで今年度の税金を支払うから年度内に車を売った場合には新しい所有者が税金の納付義務を負うのです。

買い取った相手が買取専門店でしたら売却時にあなたが前払いしている分の税額を返還してくれます。

要は、所有権が移った瞬間からの税金は新しい所有者が納税義務を負います。

例えばあなたが10月中にクルマを売ったなら、11月から翌年3月いっぱいまでの払った税金は還ってくるのです。

というのは、繰り返しになりますが自動車税は先払いであるという決まりからも明らかです。

まとめるとあなたは買取先に払いすぎたお金を返金してもらうということです。

個人間でクルマを手放す場合、意外とこのような重要なことに気付かない方が多くいるので確認するようにすることです。

自動車税という税金は車を売却すると戻ってくることをほとんど知っている人がいない事をいいことにその事実を言わない悪質業者もいます。

こちらから税金についての話をしなければ、全然そのことに言わないという場面もたびたび聞きます。

なのでクルマの買い取りを頼む際には、払いすぎた税金が返ってくるかどうかをチェックすることをおろそかにしないようにしましょう。

Category

リンク