-

自動車の見積査定のポイントとして重視されるもののひとつに走行距離などがあげれられます。

少なからず走行距離は、処分をする車の耐用年数とみなされるケースもありますので、走行距離というのは長い分だけ、査定では減点材料とされます。

普通は走行距離は短いほうが売却額は高くなりますが実際は詳しい判断基準はないため、決まった基準で査定額が算出されます。

このような事は現実に自動車を買取専門店で見積りをする時も重視される見積査定の大きなポイントになります。

例えば、普通車の場合年間走行距離1万キロが基準として10000kmを超えているとマイナス査定となります。

軽自動車だと、年間で8000kmがまた年式が古い割に走行距離がとても少ないとしても、査定金額が高額になるとも一概には言えません。

実際やってみるとたいへんよく感じられると思いますが、自動車は適時動かすことによっても状態を維持しますからあきらかに走行距離が短い中古車の場合、故障が起きやすいとみなされることもあると思います。

こういったことは中古車を手放す際も一緒です。

通常は年式や走行距離についての買取査定の留意点は、年式と比べて適正な走行距離であるかということです。

さらに愛車の初年度登録からの経過年数も中古車の売却額査定の大きなポイントになります。

きっちりと分かっているんだという人がたくさんいるだと思いますが、通常は年式については新しい方が買取査定では有利なのですが、例外としてその年式の車に特別な価値があるブランドは、昔の年式の車でもプラスに査定額が出される場合もあります。

同一車種で同様の年式の場合でもちょうどその年にマイナーチェンジ、モデルチェンジがされている車は、当然、その場合で査定額は変わってきます。

同車種の自動車を手放す金額といっても色々な要素が重なって車の評価は変化してくるのです。

Category

リンク